沖縄のシュノーケリングで最高の体験

沖縄のシュノーケリングはどうしてこんなに人気があるのか。外から見る沖縄の海と実際に潜って見る海はどのような違いがあるのか? - 沖縄でしか潜れないダイビングスポットについて

沖縄でしか潜れないダイビングスポットについて

ダイバーにとって沖縄の海は特別という言葉があります。沖縄の海はなぜ特別なのか、それは沖縄でしか見ることができない地形があるからです。沖縄でしか見ることができない地形についてここでは詳しく紹介していきましょう。

万座ドリームホールは上級者におすすめ

万座ドリームホール、こちらは沖縄の本島にあるのですが、比較的上級者に人気のスポットです。水深20メートル以上まで真っ暗で何も見えないのですが、その真っ暗な縦に長い穴を横から抜けるというとてもスリルあるダイビングができるので、一度潜った経験がある人は、また潜りたいと中毒になってしまうこともあるとのことです。横穴を抜け出ると視界に広がるのは、とても青い海で、これまでの真っ黒な海とは違って幻想的な光景が目の前に広がっています。

宮古島の魔王の宮殿

宮古島にある魔王の宮殿はダイビングをする人にとってはもはや有名といってもいいでしょう。地形スポットがたくさんあるのが都島の特徴ですが、その中でも魔王の宮殿はとても人気です。この名前がつけられた由来をぜひ実際に潜って見てみてください。

沖縄本島の青の洞窟

沖縄本島にある青の洞窟はとても人気が高いエリアです。とても手軽に潜れるスポットなのですが神秘的な光景を沖縄本島でも見ることができます。陸からのエントリーでも、ボートからのエントリーでもどちらからも楽しめますので、初心者から上級者まで幅広く楽しめるスポットでもあります。

灯台下のスポット

本島のエリアにはほかにも灯台下のスポットもあります。残波岬の灯台にあるスポットなのですが、ドロップオフが圧倒的な迫力を見せているので、これがダイバーにとって魅力的です。もし天候や気温、運が良い人は、ナポレオン、ウミガメとも遭遇する可能性が高いので、おすすめのスポットです。Wロックと呼ばれるスポットもあるのですが、こちらはボートでも、ビーチからもエントリー可能です。初心者でも楽しめるスポットとなっています

関連する記事

アーカイブ