沖縄のシュノーケリングで最高の体験

沖縄のシュノーケリングはどうしてこんなに人気があるのか。外から見る沖縄の海と実際に潜って見る海はどのような違いがあるのか? - 沖縄でのボートダイビングについて

沖縄でのボートダイビングについて

沖縄でのダイビングには種類があり、ボートダイビングという種類があります。ここではボートダイビングについてみていきたいと思います。陸地からのダイビングとは違った魅力がありますし、初心者でも楽しめるダイビングです。

陸地からのダイビングとは違った光景が見れる

ボートダイビング、このポイントは海の沖まででなければいけない方法です。その場所に住んでいる魚、地形といったものも陸地からのダイビングとはまた違った楽しみがあり、とても神秘的と言われています。陸地とのダイビングとの大きな違いは広がる景色といってもいいでしょう。

待ち時間がないのでいつでも潜れる

陸地からのダイビングの場合にはスポットにもよりますが、エントリーをするのに待ち時間がかかることがあります。しかし陸地のダイビングとは違うボートダイビングは、待ち時間がありませんので、スポットにボートで到着すればすぐにいつでもエントリーできるので、その無駄がないのも魅力です。

陸からのアプローチでは見ることができない魚もいる

陸からのアプローチでは決して見ることができない海に生息している魚とも遭遇するかもしれません。例えばですがジンベイザメ、ウミガメ、マンタといった普段遭遇することができないと言われているような大物の魚とも遭遇できるかもしれません。初心者の間は陸からのアプローチでも十分だったかもしれませんが、一度ボートダイビングで大物と遭遇してしまったらその魅力に取りつかれて、また潜りたいと思ってしまうのではないでしょうか。

大自然のままなのでそれが魅力

そして陸地からのアプローチと違って手付かずになっている自然が目の前に広がっています。それも魅力の一つです。陸地から近ければどうしても手が加わることもありますし、ゴミが落ちていることもあるでしょう。しかしそれがないのです。自然そのままの神秘的な海を楽しむことができるでしょうから、大自然の魅力を満喫できます。

関連する記事

アーカイブ